ビタミンCはシミやソバカスなどを生成する物質の働きを抑制する働きがあります。

MENU

美白をサポートする食材

 

日本人の女性であれば誰しもシミやくすみの無いきれいな美白肌に憧れるものです。
そのため美白化粧品などを使って努力をしている方は多いのではないのでしょうか?

 

しかし、本気で美白肌を手に入れたいのであれば、美白化粧品などで外側だけをケアしたりカバーしたりするだけでなく、食べ物などで体の内側からケアをしてあげなければなりません。
体の内側からケア、ということは、摂取する食べ物によって、紫外線を吸収しにくくすることができ、それによってシミやくすみを防止する事が出来るのです。

 

ではどのような食べ物を食べれば美白肌を手に入れる事が出来るのでしょうか?

 

ビタミンC

ビタミンCは果物に多く含まれている栄養素です。ビタミンCはシミやソバカスなどを生成する「チロシナーゼ」という物質の働きを抑制する働きがあります。
その他にも、ビタミンCは抗酸化作用が強い為、体の老化や病気を防ぐ事にもつながります。

 

ビタミンCの弱点として、「熱に弱い」ことと「水に流れてしまう」という性質があります。
また、体に溜め込む事ができません。そのため、加熱をせず、何回かに分けて摂取するようにすることが効果的です。

 

リコピン

トマト

リコピンはトマトに多く含まれている栄養素で、トマト以外にも柿やにんじんなど「赤い野菜」に含まれている事が多いです。
リコピンは抗酸化作用が強く、紫外線のダメージを防ぐ事が出来、シミやシワを出来にくくする効果があります。

 

ビタミンE

ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれる栄養素です。
強い抗酸化作用がある他にも、血行促進、ホルモンの活性作用などさまざまな効果があります。特にビタミンCと一緒にとるとより効果を発揮します。
ビタミンEは、緑黄色野菜やキウイなどに多く含まれています。

 

美肌・アンチエイジングを目指す食事