塩分が多く使われている加工食品やファーストフードなどは、なるべく食べないようにしましょう。

MENU

むくみに効く食事療法

朝起きたら、顔がパンパンに張れていた夕方になると足がパンパンにはれてしまう
というのは、体のむくみが原因です。

 

本来ならば、老廃物とともに排出される水分が滞っているのが原因です。
むくみをとるには、食事にも気を付けなければいけません。

 

 

むくみを引きおこす原因

むくんでいる人の大きな原因の一つは、塩分の多い食品を好んで食べていることです。

 

同時に、食生活の乱れから、ビタミン、ミネラルが不足して、
代謝がスムーズに行われていない事

 

運動不足から新陳代謝、血行が悪くなっている場合や
冷えからも、血行が悪くなってる場合があります。

 

腎機能が低下している場合も、むくみは起こり
そのほか、病気が原因の場合も考えられます。

 

 

むくみの解消の食事

ここでは食生活の乱れからのむくみの解消の対策をご紹介します。

 

カリウム

塩分の多い食品を食べるとナトリウムが多くなります。
ナトリウムとカリウムはバランスを取っているのですが、塩分のナトリウムがふえると
カリウム不足になり、むくんでしまいます。

 

加工食品やファーストフードなどでは、塩分が多く使われており、
加工食品はなるべく食べないようにしましょう。

 

カリウムを多く含む食品

じゃがいも、りんご、バナナ、アボガド、昆布、小豆、プルーン、さつまいも等

 

 

ビタミンE

むくみを起こす原因は、血行が悪いことが関与しますが
ビタミンEには血行促進効果があります。
抗酸化性から、血液がサラサラになり、血行がスムーズになります。

 

ビタミンEを多く含む食品

カボチャ、アボガド、モロヘイヤ、ナッツ類、植物性オイル、小麦胚芽、はまち、うなぎ

 

 

ビタミンB群

代謝を活発にし、むくみを予防します。

 

ビタミンB群を多く含む食品

卵、大豆製品、乳製品、レバー

 

 

クエン酸

代謝が向上され、血液やリンパの流れをスムーズにします。

 

クエン酸を多く含む食品

梅干し、酢、柑橘類

 

 

むくみ解消効果のあるお茶

  • ドクダミ茶
  • ハト麦茶
  • 桑の葉茶
  • 黒豆茶
  • トウモロコシのひげ茶

 

これらのお茶は、利尿効果があり、むくみの解消効果があります。