1日3回の食事を摂ることで、さまざまなメリットを得ることが出来ます。

MENU

1日3食のメリットとは

 

1日の食事は「3食」摂る事が基本だとされています。
しかし、1日に必要なカロリーや栄養素などをきちんと摂っていれば、1日2食など少なくてもいいのでは・・・?とか、忙しくて1日3食摂る事ができない、などと思う事がありませんか?

 

しかし、1日3食摂る事にはきちんと理由があるのです。
ここでは1日3食摂る事で得る事が出来るメリットについてご紹介します。

 

朝食を摂るべき理由

サラダを食べる女性

朝忙しくて朝食を抜いてしまう人は多いのではないのでしょうか?
しかし、朝食を抜くと「脳卒中を発症するリスクが高い」という研究結果が国立がんセンターと大阪大学の研究チームによって発表されました。
その他にも、朝ごはんを抜く事で脳のエネルギーが不足してしまい、集中力などが低下したりイライラしやすくなります。
朝ごはんを摂る事で体の体温をあげ、脳や胃腸を働かせてすっきり目覚める事が出来る働きがあります。

 

昼食を摂るべき理由

昼食には朝食から時間をあまりおかないことで空腹になりすぎるのを防ぎ、栄養を摂る事で体力を維持します。
午後からエネルギーの消費が多い方は、昼食をしっかり摂る必要があります。

 

夕食をとるべき理由

夜に活発に活動する人はあまりいないですよね。
じゃあ、あんまり摂る必要がないのでは?と思いがちですが、夜就寝すると人の体は細胞が新しく生まれ変わる新陳代謝が行われます。
夕食をきちんと摂取することできちんと新陳代謝をする事が出来、朝疲労がきちんと取れた状態ですっきり目覚める事が出来ます。

 

このように、1食ずつ摂るべき理由がきちんとあるのです。
3食とも栄養バランスよく食べるようにし、決まった時間にきちんと食事を摂るように心がけるようにしましょう。偏った食事をすると1日3食摂るメリットをきちんと得る事が出来ません。