カシスは、目の周りの血行促進効果があり、目の下のクマの解消や眼精疲労にも効果があります。

MENU

眼の下のクマ改善の食事療法

目の下にクマができていると、あまり健康的な明るい印象ではありません。

 

目の下にクマのできる原因にはいろいろありますが、青白い色のくまは血行不良が原因のことが多く、食事の改善でクマができなくなることも可能です。

 

クマを解消してアンチエイジングを目指しましょう。

 

 

血液をサラサラにしてクマをなくす

目の下にクマができないようにするためには、寝不足に注意するなども重要ですが、食事の改善で血行を良くすることで、改善することが可能です。

 

背の青い魚をたべる

背の青い魚のさば、いわし、さんまなどにはDHA,EPAが多く含まれ
血液をサラサラにする効果があり、血液の流れをスムーズにする働きがあります。
それと同時に、精神的にも安定させる働きがあり、
いらいら、ストレスなどが原因でできるくまにも効果があります。

 

血行促進効果のある野菜を食べる

多くの野菜は、血行促進効果のあるものがあります。
代表的なものは、ネギ、たまねぎ、にら、にんにく、アスパラ、キャベツ、レタス、ごぼうなどです。

 

ビタミンA、C、Eをとる

ビタミンACEは、ビタミンエースと呼ばれ、この3つのビタミンの抗酸化作用から
健康に良いエースと言われています。
活性酸素がふえると、体中で動脈硬化を起こすなどの健康に問題を起こします。
目のくまの解消のみではなく不足には注意したいビタミンです。
またこの3つのビタミンを同時に取ることで、相乗効果があります。

 

ビタミンAは、緑黄色野菜とたっぷりとることで不足しません。
ビタミンAは体内に蓄積することができるので、あまり不足することはないビタミンで
油などにも含まれており、過剰症もありますが、野菜に含まれるカロテンは、必要に応じて
ビタミンAになるため、過剰症がありません。
なるべく、緑黄色野菜からとるようにすると安心です。

 

ビタミンCは体内に蓄積することができないため、毎日とる必要があります。
食品でとったビタミンCは、過剰にとっても、尿になって排泄されます。
最近はサプリなどで、大量のビタミンCをとるというものが多く人気ですが
人体での排出の許容範囲を超えると、ビタミンCでも副作用があり、下痢をこしたり
おう吐や結石を作ることもわかってきており、食事でバランスよくとり、サプリは不足分の助けという形が理想です。

 

ビタミンEは、若返りビタミンとも呼ばれ
血液中のコレステロールの酸化を防ぎ、血管をしなやかに保ち、動脈硬化などの予防をします。
また、血液をサラサラにし、血流を改善します。
血液が抹消にまで行き届くようになります。

 

カシスを食べる

カシスは、目の周りの血行促進効果があることが知られており、目の下のくまの解消や、眼精疲労にも効果があります。
ヨーロッパでは、昔からおなじみのフルーツで、研究もおこなわれており、その効果は、実証済みです。日本でも最近では、ジャムやジュースなどもよく見かけるようになり、ぜひ取り入れたいフルーツです。