冷え性になると、むくみ、肌荒れが表れ冷え性改善は美容に重要です。

MENU

冷え性改善の食事療法

冷え性に悩む女性がふえています。
現代人の生活では、クーラーなどの影響もあり、体の冷えは1年じゅう気を付けないといけません。

 

冷え性は改善することで、美肌効果など美容にはとても良い効果が見られます。

 

 

冷え性の原因

冷え性の原因は、血行不良です。
血行不良の原因は体の冷え特に内臓の冷えには注意が必要です。
無理なダイエットをしている場合には、栄養失調から、血行不良を起こす場合もあります。

 

現代人の生活では、夜更かしをするなどでの

  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ

などでも、血行不良は起こります。

 

最近では、真夏のクーラー病と呼ばれる症状の一つとして、自律神経の乱れからおこるものもあります。

 

血行不良になる原因は様々で、特に冷え症の場合には、体の冷えに気を付けることが大切ですが、冬には衣類などにも注意をしますが、夏には薄着をするために、クーラーなどの影響で体が冷え、外気との違いが大きいために、そのくりかえしで自律神経の乱れが起こり、冷え性になる場合も増えています。

 

冷え性が原因で、むくみ、肌荒れ、などがおこります。

 

 

冷え性の改善のための食事療法

冷え性を改善するためには、食事を改善することで効果があります。
食品の中には、血行促進効果のあるものが多く、食事にそのような食材を取り入れることで改善することができます。

 

血行促進効果のある食品

 

玉ねぎ

玉ねぎには血栓防止効果のある、硫化アりルが含まれ血液サラサラ効果があり血行促進をします。
また、体内ではアリシンとなり、免疫力を高める効果のほか
ビタミンB1と結合しエネルギー代謝を活発にし、疲労物質を分解し疲労回復効果もあります。
アリシンを加熱すると、生成されるスコルジ二ンは、新陳代謝を高め、脂肪を分解しダイエット効果もあります。
アリシンは、独特の香りの成分で玉ねぎのほか、にんにく、ねぎ、にらなどにも含まれ調理のアクセントなどにも
大いに利用したい食材です。

 

 

キャベツ

キャベツには、血栓防止作用があり、また抗酸化作用、デトックス作用があり、抗ガン作用があります。つけあわせや、サラダなどおなじみの野菜ですが1年を通して手に入りやすく、日本では、大根に次いで収穫量の多い野菜です。

 

 

しょうが

体がぽかぽかする食品として、しょうが湯などでおなじみのしょうがは
冷え性改善にはぜひ取り入れたい食品です。
調理の際の肉の臭みを消すためなどにも、有効で殺菌力もあります。
辛み成分のジンゲロンが血行促進効果がある成分で冷え性が原因の腎盂炎や膀胱炎にも効果があります。内臓の働きを活発にし、発汗作用を高め、脂肪の燃焼も促進しダイエット効果もあります。
香り成分のショウガオールは抗酸化作用、抗ガン作用もあります。

 

 

これら食材を使ったメニューの例として豚のしょうが焼きの付け合わせに、キャベツ、玉ねぎを炒めた物を添えたものなどがあります。