食事が偏ると肌荒れが起きるので、バランスよく食べることが若さを保つ秘訣です。

MENU

アンチエイジングを目指す

美肌、アンチエイジングには、ニキビ吹き出物に効く食事療法と同じように食事がとても大切なポイントです。

 

美肌をキープする食事とは、どのようなところに気をつければよいのでしょうか。

 

抗酸化作用のあるのもを摂りいれる

老化や肌荒れの原因は、活性酸素が細胞を傷つけるからということがわかってきました。

 

これは老化だけではなく、あれゆる病気やガンの原因も活性酸素が関与していると言われています。この活性酸素を取り除くのは、抗酸化作用のある食品です。

 

抗酸化作用のあるもの

抗酸化作用のあるビタミン

ビタミンA、ビタミンC,ビタミンE

 

ポリフェノール

カテキン(茶)アントシアニン(ぶどう)タンニン(茶)ルチン(そば)イソフラボン(大豆)クロロゲン酸(コーヒー)リグナン(ごま)クルクミン(うこん)クマリン(パセリ)

 

カロテノイド

βカロテン(緑黄色野菜)、リコぺン(トマト)ルテイン(緑黄色野菜)、フコキサンチン(こんぶ、わかめ)

 

 

良質なたんぱく質を食べる

 

たんぱく質は、体を作る大事な栄養素です。
たんぱく質を多く含む食品は、動物性の脂肪も同時に含んでいる場合が多く
動物性の脂肪の摂りすぎは動脈硬化など病気の原因にもなる要素があります。

 

たんぱく質を摂るときに、肉ならば脂身の少ない所や
さかなにするなど良質なたんぱく質を摂るようにしましょう。

 

乳製品でも、脂肪分の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

卵も、アンチエイジング美肌作りには欠かせない食品です。
必須アミノ酸を理想的なバランスで含み、ビタミンA,Eも含み
理想的な栄養バランスを持つ、完全栄養食品と言われています。

 

牛乳もたんぱく質のほかカルシウムなどのミネラル、
ビタミンA,B,E,Dをふくみ、体全体の調子を整えます。

 

また乳製品はバラエティに富み、食べ飽きないのが利用しやすい良い点です。

 

 

食事はバランスよく

美肌作りに大切な事はビタミン不足に気を付けることなので
野菜さえ食べていたら良いというのではなく、
良質なたんぱく質も必要ですし、必須脂肪酸も美肌作りには肌の保湿力に関与します。

 

糖分もエネルギーとなり、若々しさを保つには、エネルギーは大切です。

 

偏った食事をするとたちまち肌荒れが起きてしまうので、
バランスよく食べることが若さを保つ秘訣です。